IPADのRETINAディスプレイを外付けモニターとして使う(アプリ未使用で)2

前回からの派生した記事です。

IPADのRETINAディスプレイを外付けモニターとして使う(アプリ未使用で)1

とりあえず使用するパーツを取り寄せて、eagleで部品の登録から行います。

まずはキーパーツになるコネクタです。

取り寄せてから最初に思ったのが、、小さい!!

QFN系でも手実装したことがあるので、それなりに自信はあったのですが、ちょっとなえました。。

とりあえずフットプリント印刷して確認します。

分かりづらいけどあってるね。

横からでも穴の位置はオッケーです。

問題は次のコネクタ。。

なんかズームで撮っているからなのか写真ではなんかいけそうです。

でも実際はかなり小さいですよ。以下は、ルーペでのぞいたのを撮ったみたのですが。。

印刷の解像度なのかインクがにじんでいるのと、ピンがほとんどでてないので、分からん!

なんとなくはあってそうなので、とりあえずここまま続けることにしました。

さらに大事なLP097QX1も購入したので、今週くらいに届きそうです。

続く。==> IPADのRETINAディスプレイを外付けモニターとして使う(アプリ未使用で)3

2件のコメント »

  1. [...] IPADのRETINAディスプレイを外付けモニターとして使う(アプリ未使用で)2 [...]

    ピンバック by IPADのRETINAディスプレイを外付けモニターとして使う(アプリ未使用で)1 | Analogfeeder — 2014/03/04 @ 23:14

  2. [...] IPADのRETINAディスプレイを外付けモニターとして使う(アプリ未使用で)2 [...]

    ピンバック by IPADのRETINAディスプレイを外付けモニターとして使う(アプリ未使用で)3 | Analogfeeder — 2014/03/15 @ 22:29

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする